専用ホットライン: 086-476-5110
携帯の方は: 090-4807-1819

O.K.A.フットボール内を検索
Google
(2枚以上で送料無料!2万円以上ですと代引き無料、一部対象外商品あり)


⇒ O.K.A.
     通販部門


 → HOME
 → 最新入荷
 → 選手支給品
 → 選手実着
 → 選手仕様
 → ビンテージモデル
 → チームオーダー
 → 
   最新情報はこちらで
 → マーキング
     → マーキング
           参考画像集
 → 情報掲示板
 → 1円オークション
 → 倉敷実店舗




⇒ 新品部門


 → 各国代表チーム
 → 各国クラブチーム
 → 選手支給品
 → マーキング
 → チームオーダー
 → 早見-index-
 → ラグビー
 → シューズ
 → Tシャツ
 → アクセサリー
 → フィギュア





⇒ビンテージ部門


 → 各国代表
 → プレミアリーグ
 → セリエA、B
 → Jリーグ
 → その他のリーグ




その他の
   コンテンツ
 ⇒O.K.A.
チームオーダー部
 ⇒オークション
    ⇒サッカー
    ⇒アメリカ
      4大スポーツ
 ⇒格安Tシャツ
 ⇒O.K.A.BB
  バスケ&アメフト
 ⇒レア物
 ⇒リンク(チーム)
   ⇒リンク(ショップ)
 ⇒洗濯
 ⇒静岡店
 ⇒通販法表記
 ⇒消費税(04/Apr〜)



 

 ヘタフェ 


10/11
ホーム / アウェイ / 3rd 半袖
¥3,490
¥3,231+¥259)
2200980110 2200980310 2200980210


09/10
ホーム / アウェイ / 3rd 半袖
¥3,490
¥3,231+¥259)
GET-0010 2200980209 2200980309


08/09
ホーム アウェイ 3rd 半袖
¥3,490
¥3,231+¥259)
2200980108 2200980208 2200980308


06/07
ホーム アウェイ 半袖
06/07
ホーム 
アウェイ 半袖
¥3,490
¥3,231+¥259)
¥3,490
¥3,231+¥259)
2200980107 2200980207 2200980106 GET-0001







バルセロナ vs ヘタフェ at カンプノウ
2008年4月6日(日)

 
レアルマドリード・カスティーラ、いわゆるBチーム:カンテラにいたデラレッド、グラネロ選手が大ブレーク!
デラレッド選手はとうとうスペイン代表に選出。グラネロ選手は国王杯決勝などもそうでしたが、得点シーンにはほとんど出てきてましたね。
そして、完全移籍でヘタフェに来た訳ですが、買戻しオプションが付いていたため、両名とも来期はレアルマドリードに戻ります!!




プジョル選手と歓談するマヌ選手。ボージャンは孤軍奮闘。


 
この試合もし勝つと一気に首位を狙えるという状況でした。首位レアル、2位ビジャレアルが破れたためで。
しかし、全く見所の無い、最悪なスコアレスドロー。UEFA杯バイエルン戦で燃え尽きた感あるヘタフェを相手にです。
そして、ラポルタ政権初のパニョラーダが起こった訳です・・・。 見てる方からすると最悪でしたね。



〜ヘタフェ戦後に起こったパニョラーダ〜

ユーチューブですので音が出ます。ご注意下さい。








 リーガ・エスパニョーラ第34節、「もうひとつのマドリー・ダービー」ことヘタフェ対アトレティコ・マドリー戦が13日に行われ、4−1でアトレティコが勝利を収めた。


 これまでマドリー第二のクラブの地位を保ってきたアトレティコは、今季の目標である「UEFA杯出場権獲得」をほぼ手中にしているヘタフェに“挑む”立場で試合を開始した。ヘタフェは順位的にはUEFA杯に届かないものの、国王杯の決勝に進出した事で、対戦相手のセビージャがCL出場権をほぼ獲得しているため、負けてもUEFA杯出場権がある状態。


 前半から、両チームの戦い方は明確に分かれていた。ヘタフェはボールを持たない選手が積極的に動き、アトレティコ守備網を崩そうとする狙い。一方のアトレティコは、攻め込まれながらもゴールを許さず、相手陣内にボールを蹴り出してトーレスやペトロフの走力で一気にゴールに迫った。


 前半2分、攻撃の芽を摘み取ったアトレティコは、最終ラインを高く上げようとしたヘタフェ陣内にロビングボールを放り込んだ。そのボールを追いかけるスピード勝負は、アトレティコのFWトーレスが完全に勝利。ヘタフェのCB(センターバック)べレンゲルとテナは出し抜かれた。トーレスのシュートは飛び出してきたGKアボンダンシェリの横を抜き、アトレティコが先制点を挙げた。見事なダイビングボレーーーーー!パスを出したマニシェと仲良く。




 さらに前半17分、ヘタフェが波状攻撃を仕掛けていたが、こぼれ球を拾ったアトレティコは素早くカウンターを仕掛けた。前線にボールを送ると、MFマニシェが2点目のゴールを奪った。

 後半に入っても、小気味良いリズムでパスをつないで攻め立てるヘタフェ、守りながら一瞬のすきを狙うアトレティコの図式は変わらなかった。


 後半14分、ヘタフェは右コーナーキックからFWギサがゴールに押し込んで1点差とすると、

スタジアムは「ヘーター!! ヘーター!!」という大合唱に包まれて反撃ムードが高まった。



しかしアトレティコは、その5分後に前半の1点目と全く同じような展開から、トーレスが最終ラインを破ってゴールを決める。

さらに試合終了間際には、ペナルティーエリア内でのハンドからPKを獲得。MFガジェッティが落ち着いて決め、4−1でアトレティコが勝利した。



 試合後、ヘタフェのシュスター監督は、頭を切り替えるように敗戦の弁を述べた。
「木曜日のバルセロナ戦(国王杯戦)の疲れがあったことは確かだ。しかし、それをこの敗戦の理由にしてはいけない。1−4というスコアを肯定してはいけない。これで激動の1週間は終わった。もう一度、しっかりと準備をしてチームを立て直す必要がある」



 10日に行われたバルセロナとの国王杯戦で、歴史的な逆転劇(第1戦の2−5を、第2戦で4−0と引っくり返した)を演出したヘタフェ。アトレティコ戦のスタジアムではその勝利を記念して作られたポスターが配布されていた。

ヘタフェのチームエンブレムの中に奇跡をもたらす原動力となった「魂」が小さなハートで描かれ、「4−0」と記されたそのポスターは瞬く間になくなった。



試合後には、アトレティコに敗れたにもかかわらず、ポスターにサインを求めるサポーターが選手たちを取り囲み、スタジアム前は大いに賑わった。まるで1−4の大敗などなかったかのような光景は、3日前に行われたバルセロナ戦がいかに大きな意味を持つものであったのかを示していた。






ヘタフェ・イムノ

最後が絶叫系。 音が出るので注意です。



O.K.A.へのお問い合わせはこちらから。
ご質問
(株)エルベ O.K.A.部門
岡山県倉敷市児島柳田町584番地
maya-oka@gb4.so-net.ne.jp
Tel: 086-473-8182
mobile:  090-4807-1819
Fax: 086-473-3277


Copyright (C)2002-2004 ERUBE co., Ltd. All Rights Reserved.
お客様の私的な2次利用は問題ございませんが、業者様の商用での画像の無断転載、使用、加工は固く禁止致します。